バイオリンの指導内容

古川薫子ヴァイオリン教室の特長

当教室ではヴァイオリン本来の美しい音色を引き出すことを重視して、レッスンしています。

 

4〜5歳の幼児からバイオリンのレッスンを開始できます。情操教育や右脳に良く、継続すれば発表会では立派な演奏をします。

バイオリンにより手先の器用さや、暗記力や集中力持続が備わり、成長に伴い相乗効果で学業も能力が伸びてきます。

 

当教室では7~11歳でレッスンを開始する女の子と、大人の女性が多いです。

女性に大人のバイオリンレッスンが、大変人気があります。バイオリンを弾いている姿が、皆さんとてもすてきに見えます。仕事帰りや仕事のない曜日にレッスンへ通う女性たちが増えました。

 

みなさんレッスンを継続して、あこがれの曲をバイオリンで最後まで弾けたとき、達成感は素晴らしいものになるでしょう。


指導内容

★年に1~2回 発表会を予定しています。(音楽ホール・レストラン・カフェなど)

実際には下記のような、子供と大人のためのヴァイオリン指導曲を主体に行いますので参考にされてください。

★子供のためのヴァイオリン指導曲

●ほたるこい ●メリーさんの羊 ●ちょうちょう ●キラキラ星 ●ロングロングアゴー ●メヌエット第3番(バッハ) ●セレナーデ(ハイドン) ●さんぽ(となりのトトロ) ●狩人の合唱(ウェーバー) ●メヌエットト長調(ベートーヴェン) ●コンチェルトNo.2(ザイツ) ●コンチェルトNo.5(ザイツ) ●ブーレ(バッハ) ●ホーム・スイート・ホーム  ●コンチェルトイ短調(ヴィヴァルディ)など

★大人のためのヴァイオリン指導曲

●わたしの好きな曲 ●わたしの弾きたい曲 ●キラキラ星 ●喜びの歌 ●ホーム・スイート・ホーム  エデンの東 ●ムーン・リバー ●川の流れのように ●荒城の月 ●エーデルワイス ●金婚式 ●おぼろ月夜 ●美しき青きドナウ ●星に願いを ●歌の翼に ●メリー・ウィドウ・ワルツなど


★レッスンに必要な物

ヴァイオリン楽器本体 / 子供用 数万円~10万円 大人 数万円~20万円 年代物・外国物・名工物30万~ ヴァイオリニスト使用物100万~10億

 

大人は、バイオリンの大きさが普通サイズ(4/4サイズ)です。

子供は、身長や腕の長さによりバイオリンの大きさが変わります。そのため成長に合わせてバイオリンのサイズも変更(買い換え)が必要になってきます。

※子供の分数バイオリンは下取りして買い換えて購入できる楽器業者もありますので、楽器選びについて相談されてください。

バイオリンサイズ

110㎝ ~ 115㎝(1/8サイズ)

115㎝ ~ 125㎝(1/4サイズ)

125㎝ ~ 130㎝(1/2サイズ)

130㎝ ~ 145㎝(3/4サイズ)

145㎝ ~ 大 人(4/4サイズ) 普通サイズ

平均身長(男性) 平均身長(女性)(平成21年度学校保健統計)

17歳 170.8cm   157.9cm

16歳 169.9cm   157.7cm

15歳 168.5cm   157.3cm

14歳 165.2cm   156.7cm

13歳 159.7cm   154.9cm

12歳 152.5cm   151.9cm

11歳 145.1cm   146.9cm

10歳 138.9cm   140.3cm

09歳 133.6cm   133.5cm

08歳 128.3cm   127.5cm

07歳 122.6cm   121.7cm

06歳 116.7cm   115.8cm

05歳 110.7cm   109.9cm

通常、楽器店へ大人入門向けバイオリンを探しに行くと、セットで10万円前後のものをすすめられることが多いです。

購入したバイオリンのメンテナンス(品質保持 故障・破損時修理)が出来る業者を選びましょう。

※安くとも最低6万円以上のヴァイオリンセットを購入した方が、後悔しないことが多いようです(品質・強度・音質の面から)。はじめての方は楽器店で店員にバイオリンを弾いてもらって、音質を比較してみても良いと思います。

 / 数万円~

基本的に楽器とセットではなく、別個に購入します。

(楽器とセットで売られているものもあります。)

また、年に数回、毛(馬毛)を張り替える必要があります。

 

ケース / 1万円程度~

楽器・弓などをしまうケースです。

 

松脂 / 数百円~数千円

音を出すために、滑り止めとして弓の毛につけます。

 

掃除用の布 / (2枚以上)

楽器についた松脂を拭くために1枚、楽器についた指紋や汗などの汚れを拭くために1枚。やわらかく、薬品(クリーン剤等)のついていないもの。

 

筆記用具 / (芯が柔らかめの鉛筆、消しゴム)

レッスンで楽譜に色々な事を書き込みます。

Bや2Bなどの芯が柔らかい鉛筆で書き込めば、消した時に綺麗に消え、痕が残りにくいです。

 

教本 / 数千円

色々なものがあります。個人に合わせて決定します。

 

譜面台 / 数千円~

楽譜を乗せます。折りたたみ出来る/出来ない、軽い/重い、金属製/木製など色々あります。

 

発表会ドレス・舞台衣装 / お勧めの店:別ページの衣装